1964年6月23日 智乃花伸哉(とものはな・しんや)

有名人の誕生日
記念日検索
過去ニュース検索

智乃花伸哉(とものはな・しんや) 誕生日

1964年6月23日生まれ
相撲
熊本県出身

6月23日の誕生日と過去ニュース

『智ノ花伸哉』より : 智ノ花 伸哉(とものはな しんや、1964年6月23日 - )は、熊本県八代市出身で立浪部屋所属の元大相撲力士。最高位は小結。現年寄・玉垣 (年寄名跡) 玉垣。本名は成松伸哉(なりまつ しんや)。愛称は「先生」。
日本大学相撲部では全国学生相撲選手権大会を始めとする数々の大会で活躍し、4年生の時には主将を務めました。大学卒業後は、山口県の中学校や高校で保健体育の教諭として勤めながらアマチュア相撲で活躍し、1989年にはアマチュア横綱のタイトルも獲得しています。日大後輩の舞の海秀平 舞の海の活躍に触発し、山口県立大津高等学校 大津高校在職中に大相撲入門を決意しました。
1992年春場所日大後輩の大翔鳳昌巳 大翔鳳がいた立浪部屋から幕下付出で初土俵。27歳の初土俵は年6場所制になってから最高齢であり、藤ノ川武雄 藤ノ川が年寄立川を襲名した年齢をも越えたことや妻子持ちでの初土俵も話題にでした。(その一方で、1993年から幕下付出資格者の入門上限を25歳にしたきっかけにもなます。)プロでの経験不足の心配をよそに順調に出世し、初土俵から7場所目の1994年初場所では早くも小結に昇進した(初日に曙と対戦、取り直しの末、惜敗しました。この曙との一戦が思い出の一番という)。これは、幕下付出からの記録では横綱輪島大士 輪島を抜くスピード出世だった。しかし、これを盛りに、あとは幕内下位や十両で現役を務めました。
。(Wikipedia)

智乃花 伸哉の姓名判断

智乃花伸哉(とものはな・しんや) ブログの話題

【18代玉垣(たまがき)親方(元小結 智ノ花) 56歳誕生日】雑談の起床 大相撲3717回目 | 大相撲終始一貫ブログ 雑談の起床 大相撲
玉垣(たまがき親方(元小結 智ノ花)が、2020年6月23日に56歳の誕生日を迎えられました。玉垣(たまがき親方56歳の誕生日おめでとうございます。
【18代玉垣(たまがき)親方(元小結 智ノ花)49歳誕生日】 | 大相撲終始一貫ブログ 雑談の起床 大相撲
玉垣(たまがき親方(元小結 智ノ花)が、2013年6月23日に49歳の誕生日を迎えられました。玉垣(たまがき親方49歳の誕生日おめでとうございます。略
【18代玉垣(たまがき)親方(元小結 智ノ花)50歳誕生日】雑談の起床 大相撲1314回目 | 大相撲終始一貫ブログ 雑談の起床 大相撲
玉垣(たまがき親方(元小結 智ノ花)が、2014年6月23日に50歳の誕生日を迎えられました。玉垣(たまがき親方50歳の誕生日おめでとうございます。略
【18代玉垣(たまがき)親方(元小結 智ノ花) 51歳誕生日】雑談の起床 大相撲1852回目 | 大相撲終始一貫ブログ 雑談の起床 大相撲
玉垣(たまがき親方(元小結 智ノ花)が、2015年6月23日に51歳の誕生日を迎えられました。玉垣(たまがき親方51歳の誕生日おめでとうございます。略
【18代玉垣(たまがき)親方(元小結 智ノ花) 52歳誕生日】雑談の起床 大相撲2391回目 | 大相撲終始一貫ブログ 雑談の起床 大相撲
玉垣(たまがき親方(元小結 智ノ花)が、2016年6月23日に52歳の誕生日を迎えられました。 玉垣(たまがき親方52歳の誕生日おめでとうございます。
【18代玉垣(たまがき)親方(元小結 智ノ花) 53歳誕生日】雑談の起床 大相撲2994回目 | 大相撲終始一貫ブログ 雑談の起床 大相撲
玉垣(たまがき親方(元小結 智ノ花)が、2017年6月23日に53歳の誕生日を迎えられました。玉垣(たまがき親方53歳の誕生日おめでとうございます。
智乃花 伸哉(元 力士/大相撲)‐八代市出身 | 女性が独立するなら
昭和39年6月23日生まれ本名成松 伸哉小学5年から相撲を始める。日大相撲部で主将を務め、昭和61年全日本学生選手権団体優勝、個人3位 に。後輩には久島
智乃花 伸哉(元 力士/大相撲)‐八代市出身 | 福岡・京都での女性独立
昭和39年6月23日生まれ本名成松 伸哉小学5年から相撲を始める。日大相撲部で主将を務め、昭和61年全日本学生選手権団体優勝、個人3位 に。後輩には久島
智乃花 伸哉(元 力士/大相撲)‐八代市出身 | 福岡・京都での女性独立
昭和39年6月23日生まれ本名成松 伸哉小学5年から相撲を始める。日大相撲部で主将を務め、昭和61年全日本学生選手権団体優勝、個人3位 に。後輩には久島
智乃花 伸哉(元 力士/大相撲)‐八代市出身 | 京都での女性独立
昭和39年6月23日生まれ本名成松 伸哉小学5年から相撲を始める。日大相撲部で主将を務め、昭和61年全日本学生選手権団体優勝、個人3位 に。後輩には久島
伝統の一戦も吹き飛ばすエンゼルス・松井秀喜 | スポーツ最新ニュース速報君
ツインズ相手の開幕戦でいきなり決勝タイムリとだめ押し第1号本塁打。エンゼルスの新4番・松井秀喜の衝撃デビュの余波は、日本球界にも及んでいる。